省電力PC 地上デジタル放送 視聴術!

■ノートなどの省電力 PC で地上デジタル放送を楽しむ極意 - 公開開始:2011年5月12日

  • ワンセグで『ガックリ』きた人も、720×480 なら『ニッコリ!(*^_^*)』です。
  • 地デジのハイビジョン放送を PC でストレスなく見るには、かなり高性能な PC が必要です。おまけに録画した映像は汎用性など無く、CMカット等の編集もままならないのが現実です。更に大量に保存するには膨大な容量の記録メディアが必要ですし、高精細なハイビジョンを後々まで保存して有効利用するのは、残念ながらコピーガードのおかけでほぼ不可能と考えるべきです。
  • では、ワンセグならどうかと言えば、1フレーム当たりの映像の情報量があまりにも少ないため、小さな文字など読めたものではなく、とても長期間保管するような代物ではありません。せいぜい携帯電話で楽しむ一過性の視聴にしか使えません。
  • ところが、地デジ放送をアナログに変換するチューナーを利用すると、ワンセグなどまるで比較にならない実用性で、十分視聴に堪え得る映像が得られます。この映像は 720×480 の解像度に変換されるので、ハイビジョンと比較すればかなり見劣りするものの、DVD との比較ならほぼ同じか若干劣る程度です。
  • このサイトでは、PC で地デジを観る、撮る(録画)、撮影する(静止画)、LAN で配信する、INTERNET で配信するなど、その具体的な方法と必要な機器、ソフトウェアについて解説しています。なお、機器とソフトウェアのために必要な費用の総額は1万円以下(但し、アンテナは既にあるものとして費用に含みません。)で、2011年5月の時点では下記の機器がご利用いただけます。
  • 地デジを WMV 形式で録画すると、動画編集ツールで自由に編集できます。
  • LAN 配信を活用すると、自宅のどの PC からでも同じテレビ番組を視聴できます。
  • Web 配信を活用すると、例えば海外で単身赴任中の家族に、放送中のテレビ番組をそのままリアルタイムで見せることができます。
  • なお、PC-SDVD/U2G 本来の目的である『VHS ビデオテープをデジタル化して長期保存』にも、WMV 形式の動画化で果たすことができます。
  • Windows 8 Pro (x64) で正常にご利用いただけることを確認済みです。
 

■地デジ放送を PC で手軽に視聴するために必要な機器

  • アナログテレビに接続するための地デジチューナーと、そのチューナーで変換したアナログ映像を PC に取り込むためのビデオキャプチャーが必要です。
 

■地デジチューナー

BUFFALO リモコン付き TV用地デジチューナー DTV-S110

最大消費電力:4W

メーカーのサイト

購入時の価格 3,795円 (2011年4月)

Amazon の販売価格は常に変動しており、最近の安値は 3,795円ですが、この価格でも必要にして十分な機能を備えています。

 
 

■ビデオキャプチャー

BUFFALO USB用ビデオキャプチャー PC-SDVD/U2G

最大消費電力:1W

メーカーのサイト

購入時の価格 2,980円 (2011年4月)

Amazon の販売価格は常に変動しており、最近の安値は 2,980円ですが、この価格でも必要にして十分な機能を備えています。

 

■ビデオキャプチャーで取り込んだ映像を再生・録画するソフトウェア

  • ビデオキャプチャーに付属のソフトでは地デジを録画できないので、コスモソフトで開発した専用のソフトウェア V-Capt 製品版をご利用ください。
 

■PC-SDVD/U2G 専用ビデオキャプチャーソフト V-Capt (5,000円)

利用可能な OS

  • Windows XP SP3, Vista, 7, 8 (x86版、x64版)

静止画で連続撮影可能な間隔

  • 連写間隔は、1秒~90分、FTP 転送間隔は、1分~90分

動画で撮影可能な解像度

  • 160×120、176×120、256×240、320×240
  • 352×240、360×240、640×480、704×480、720×480
 
 

■V-Capt の主な機能

  1. ビデオキャプチャー PC-SDVD/U2G 専用のビデオキャプチャーソフトで、その映像と音声を再生します。
  2. 再生中の映像を、任意のタイミングで JPEG の静止画として1枚だけ保存したり、指定された間隔で連続して保存したりします。
  3. 静止画を連続して撮影する場合、直前に撮影した画像との差異を検出した場合だけに限定できます。(動体検知による撮影)
  4. 再生中の映像を、指定された間隔で JPEG の静止画として保存し、それを任意のサーバーに FTP で転送します。
  5. 再生中の映像を、WMV 形式の動画として様々な解像度で保存します。録画する画質は、[高]、[中]、[低]の三種類から選択できるので、必要に応じてファイルのサイズをより小さく抑えることができます。
  6. 映像のクリックで、フルスクリーン表示に変更できます。
 

■V-Capt のダウンロード

V-Capt には、x86版とx64版の二種類がありますので、それぞれお間違いのないようにインストールしていただかなければ動作しません。

x86版のダウンロード (公開:2013年7月15日)

  • バージョン 2.13.07.15
  • V-Capt_Setup_x86.zip
    移動先のページで右クリックし、ダウンロードしてください。

x64版のダウンロード (公開:2013年7月15日)

  • バージョン 2.13.07.15
  • V-Capt_Setup_x64.zip
    移動先のページで右クリックし、ダウンロードしてください。
 

■旧バージョンをご利用のお客様へ重要なお知らせ

  • V-Capt の旧バージョン 1.12.03.20 以前をご利用のお客様は、Version 2.12.09.25 以降にアップデートしないでください。
  • アップデートした場合は、基本機能は変更しないで認証方式だけ変更しているため、現在の認証を喪失して録画不能になります。
  • 2013年4月30日に旧認証方式のサーバーを停止しているので、旧バージョンも最新バージョンも、認証は他の PC に移動できません。
 

■旧バージョンからの変更点

  • 2.13.07.15 認証の画面を表示した際にインターネットへの接続を要求していたので、要求しないように修正しました。
  • 2.12.09.25 メールを使った認証方式に変更したので、認証を別の PC に移動できなくなりました。
  • 1.12.03.20 静止画を1枚だけ撮影した際、JPEG 画像を既定の方法で開く機能を追加しました。
  • 1.11.11.22 静止画の FTP 転送で、PASVモードを利用できるように変更しました。
 

■ビデオキャプチャーで取り込んだ映像をネットワークで配信するソフトウェア

  • 必要に応じて、無料版で目的の機能を果たしてくれるソフトウェア Microsoft Expression Encoder 4 Service Pack 2 (SP2) をご利用ください。
 

■Web 配信用 Microsoft Expression Encoder 4 (SP2) 無料版

利用可能な OS

  • Windows XP, Vista, 7 (x86版、x64版)
 
 

■Microsoft Expression Encoder 4 (SP2) で利用する機能

  1. PC-SDVD/U2G でビデオキャプチャーしている動画をリアルタイムでエンコードして、LAN または INTERNET に接続している複数の PC に、ブロードキャストで配信します。
  2. これによって例えば海外で単身赴任中の家族に、現在放送中のテレビ番組をそのままリアルタイムで送ることができます。海外での接続が 2.0 Mbps を超えていれば 720×480 の解像度で、超えていない場合は 640×480 かそれ以下の解像度で配信します。
 

■Expression Encoder 4 Service Pack 2 のダウンロード

  • メーカーのダウンロードサイトへ移動
  • Encoder_ja.exe 36.3MB をダウンロードしてください。
  • インストールの際、先に必要とされる下記のコンポーネントのダウンロードを促されることがあります。
 

■Microsoft .NET Framework 4 (Web インストーラー)

 

■Microsoft Expression Encoder 4 Service Pack 2 (SP2) のインストール (Webで配信する場合のみ) 無料版はプロダクトキー不要

1. 2. 3. 4.
5. 6. 7.