YouTube の動画による操作方法の説明

  • Windows XP をご利用の場合
    最初からご覧ください。
  • Windows Vista をご利用の場合
    経過 1:13~
  • Windows 7 をご利用の場合
    経過 3:39~
  • 高画質 720p HD でご覧ください。
 

 Windows 8 の場合

  • Windows 8 の場合は最初の操作だけを示すので、その後は Windows 7 による操作手順をご覧ください。
  • スタート画面でもデスクトップ画面でも、[Windows + X] キーを押すと、画面左下に右図のようなメニューが表示されるので、コントロールパネルを選択してください。
  • コントロールパネルが表示されたら、「ユーザーアカウントとファミリーセーフティ」をクリックしてください。
  • 次に、「ユーザーアカウント」をクリックしてください。
  • その後は、Windows 7 と同じです。
 

 Windows 7 の場合

  • [スタート]ボタンを押して自分のアカウントの画像をクリックし、「ユーザーアカウント制御の変更」を選択します。
  • 別の手順では、
    1. コントロールパネル(カテゴリ表示)
    2. システムとセキュリティ
    3. ユーザーアカウント制御設定の変更
  • 一般的にはスライダーが右図のように上から二段目にありますが、一番下まで下げて再起動すると、煩わしい確認が不要になると共に、Windows システムのプログラムファイルズ・フォルダの中が編集できるようになります。
  • スライダーを一番下まで下げている場合は、CCI-Pro のインストール先フォルダにある FontChange.BAT を実行し、動画の中に合成される撮影日時が変更できます。
  • FontChange.BAT は、エクスプローラで見ている状態で、ダブルクリックするだけで実行できます。
  • 右図のように、エラーが発生することなくコピーが実施されれば、次回録画される動画の書体が変更されます。
  • ※仕組みを理解してご注意ください。
  • CCI-Pro、CCI-Pro-MR の動画に撮影日時が合成されるのは、撮影と同時に、リアルタイムで特殊なフィルタ(撮影日時)を重ね合わせて合成しているからです。
  • フィルタの実態は CS_TimeDisp.dll と言う特殊なファイル(DirectShow Filter)で、この中に書体のデザインが組み込まれており、上記のバッチファイルは、所定の CS_TimeDisp.dll に別の CS_TimeDisp.dll を上書きでコピーしています。
  • コピーする際、既に CS_TimeDisp.dll が使用中ですと、エラーが発生するのでご注意ください。
    例えば CCI-Pro が起動していて、一度でも録画を実施した場合は使用中です。
 

 Windows Vista の場合

  • [スタート]ボタンを押して自分のアカウントの画像をクリックし、「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選択します。
  • 「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立てる」のチェックをはずし、[OK]を押します。
  • [今すぐ再起動する(R)]を押します。
  • CCI-Pro のインストール先フォルダにある FontChange.BAT を実行し、動画の中に合成される撮影日時が変更できますが、変更後は必要に応じて、ユーザーアカウント制御を有効化してください。
  • FontChange.BAT は、エクスプローラで見ている状態で、ダブルクリックするだけで実行できます。
  • 右図のように、エラーが発生することなくコピーが実施されれば、次回録画される動画の書体が変更されます。
  • Windows 7 の場合と同様に、仕組みを理解してご注意ください。
 

 Windows XP の場合

  • ユーザーが管理者であれば、予め下準備することは何もありません。
    エクスプローラで CCI-Pro、CCI-Pro-MR のインストール先フォルダを開き、直ちに FontChange.BAT を実行できます。